Tリーグ 1年目終焉

卓球

卓球のTリーグ、ファイナルが行われ、男子は木下マイスター東京、女子は日本生命レッドエルフが勝利し、初代王者となりました。

日本に卓球のプロリーグが出来たということだけでも驚きだったのですが、とりあえず1年間走り続けましたね。ただ、色々な課題も見えた1年だったようにも思います。プロとして、興行として卓球が耐えられるものだったのか、その辺りは再考すべきところもたくさんあるでしょう。

仙台で行われた試合を実際に見ることができました。普段の全日本やジャパントップ12などのアマチュアが入り込む余地のある大会と、どのように変化をつけるのか注目しました。

まずはチケット価格について。開幕戦を除き、最も高いエキサイティングシートが18,000円、指定席の最下限は6500円、自由席の2000円が最安値です。出来て間も無く、予算も少ないことから入場料金が高額化するのはわかるのですが、流石に高すぎるのではと思ってしまいます。バスケのBリーグは一番良い席で12000円程度、Jリーグなら7000円程度でSS席です。初めのうちは、逆に安めに設定して、Tリーグを体感してもらう人を増やした方がいいのではと考えてしまいます。

先日行われた、ジャパントップ12では、アリーナ席で5000円です。母体が違うものの、18000円では売れるものも売れない感じはありますね。

来年度のチケット代が変わることを期待します。

次に競技前のデモンストレーションやイベントについて。木下アビエルのホームゲームを見に行きましたが、地方開催のため、ホームもアウェーもあまり関係ない形で観客は入っていました。

ホームチームのためのアナウンスや応援歌の披露などある程度のイベントはありましたが、あまり会場全体で楽しめるものではなかったかなと思います。

Bリーグを参考に、もっとスタジアム全体を使った演出なども考えた方がいいかもしれません。

実際の競技については、独自ルールの開発など、工夫があり良かったのかなと思います。ダブルスから始まる試合方式や、フルゲーム6オールからのスタート、1ゲームだけの勝者決定戦など、今までの卓球ではなかったスピード感や、どんでん返し的な試合が多かったように感じます。ただし、Tリーグ独自視点が強過ぎて、選手側の適応力が問われるのかなぁと感じます。ドイツブンデスリーガや中国の超級リーグなどは、ITTFのルールに則り行われていて、人気の高さを維持しているのを見ると、Tリーグ独自ルールが良いものなのか、ここは意見が分かれるところでしょう。

卓球をポピュラーにする力にはなったと思うTリーグは、メディア露出の度合いも高くなり、より魅せる力が必要になるでしょう。会場のビジョンの使い方や、ボールの色、会場の雰囲気など、魅せられるところはたくさんあります。

1年目だけの露出の多さにならないよう、改善をしながら、長きに渡る卓球プロリーグとなってほしいものです。加盟チームの増加や戦力の均一化なども視野に入れなければいけないかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました