レクサス LM デビューはレクサスの危機

クルマ

レクサスとしては待望のミニバン市場に新規導入されるLM、販売現場からもユーザーからも待ち望む声が多かったカテゴリーですが、実際のところどうなのか。

「レクサスってミニバンないよね」「作ればいいのに」という声は現場にいた頃何度となく聞きました。欧州車でもあまりこのカテゴリーには進出してこない、ましてや高級ブランドではなおさらです。

思い当たるところでは、メルセデスベンツのVクラスがありますが、BMWもアウディも、ミニバンは作っていません。

この中で注目したいのはアウディの動き方です。フォルクスワーゲン傘下にあるアウディはシャシーの共有化を始め、各種部品の共有をしています。それでも、ドイツの中でアウディがフォルクスワーゲンよりも上のブランドであること意味は、ある意味「便利ではない」ということなのだと思います。

シャシーもボディの作りもほとんど同じ、エンジンもミッションも、キーの形も、ではそこにVWマークとフォーシルバーリングの差はなんなのか、これはトヨタとレクサスの図式と似ています。

VWはユーザーのニーズに応えます。コンパクトを作れと言われればポロを出し、ゴルフをベースに、ヴァリアント、トゥーランと言ったワゴンやショートミニバン、シャランのような大型ミニバンから、SUVも小型のティグアンから、大形のトゥアレグまで幅広くラインナップし、足りなかったセダンまでも補いました。系列にアウディの高級セダンA4.A6.A8があるにも関わらず、アルテオンを販売しました。ここに売れる市場があればクルマを作り売るのがワーゲンです。

ですがアウディは違います。部品共有はするものの、アウディとして譲れないクルマは作りません。歴代のA4の作り込みを見ても、お家芸のQ5などのSUVにしても、必ずアウディとしての価値があります。ドアのサッシュひとつ取っても、閉まり方や形状、またシートの高さや深さ、アイポイントに至るまで徹底してこだわり、品質管理の高さがわかるのでアウディを買うのです。これはVWの模倣でもなく高級版でもなく、アウディという唯一無二の存在であることから差別化が図られます。したがってワーゲンファンがいる中で、アウディファンがしっかりと根付き、現在もブランドの価値を守り続けているのです。

さて、今回のレクサスLM、見てみましょう。

初見で思ったことは、アルファード、ヴェルファイアのエグゼクティブグレードと何が違うの?ただ大きなテレビつけて、冷蔵庫つけて、シート良くして、スピンドルグリルつけただけでは?と感じます。

レクサスの国内導入から10年以上、セルシオがLSになり、アリストがGSになり、ウィンダムがESになり、ソアラがSCになり、アルテッツァがISになり、トヨタの中でも独特の感性を持ったクルマたちがレクサスとして蘇るという時代は良かったです。これはレクサスとしての価値があり、トヨタとは別格の、レクサスブランドであったから。

その後ハリアーをRXとしての復活させた後、国内で別のハリアーというクルマが復活します。CTはプリウスと何が違うのか、HSはSAIと何が違うのか、NXは今のハリアー?UXはC-HR?LXはランクル200とトヨタの豪華版としての地位しか与えられていません。独自の路線を行くのはFシリーズとRC.LCくらいでしょうか。

そこに今回のLM、アルファードの豪華版?というかそこにもなれてない、ただのスピンドルグリルの安売りとしか見えません。LのCIへの敬意や誇り、レクサスとしての誇りが持てませんよね。これは販売現場にも伝わりますし、トヨタと何が違うのかということが、更に不明瞭になります。

今やレクサスの売りであったトータルケア、コネクティドサービスはトヨタでも受けられます、安全装備もトヨタとレクサスは同等です。それでもトヨタよりも100万も200万も高いお金を出して、Lマークに乗りたいと思えるクルマ、接客、店づくりができるのか、これはLMを出す限り無理ではないかと思います。

トヨタとレクサスの差は更に埋まっていき、レクサスの価値がなくなりつつあるのではないでしょうか?レクサスの販売員には誇りがあります。それは、最高の商品を最高の販売、サービスでお届けすることが使命だと思っているからです。自信と思いやりを持ち、一人一人がレクサスという大きなブランドを背負っているからです。

その中で、メーカーがこの姿勢では、レクサス販売店の意味はなくなるでしょう。特別なものでもなくなります。ブランドステートメントも形だけのものになり、レクサスの働き手が、レクサスのに対する尊敬や敬意をなくしてしまう気がしてなりません。

このLM販売計画、今からでも遅くないです、やめるべきです。市場を独占するからと言っても、ミニバン人気があるのはせいぜい日本と中国、そのために、レクサスを低俗なものとしてしまうのが残念です。

レクサス の信条、それは良いものを良いサービスと良い販売で届ける、それが他メーカーと比べて商品力で劣っていても、販売店の力の差は歴然で、商品の非優位性は埋めることができます。それができなくなったらレクサスはただのクルマです。トヨタで売ってもおかしくない、ただのトヨタ車です。

レクサスほどヒトという資源を有効に活用して販売してきたメーカーはありません。高かろうが、性能が劣っていようが、このセールスだから、この店だから買うというお客様に何度も出会ってきました。その力をなくしてしまうLMは諸刃の剣となると考えます。

レクサスにミニバンはいらない、それでも売れ続けるのは販売現場が優秀だから、その力が足りない店は、自ずと無くなっていく、商品力ではなく人の力で動いているのが、レクサスの真髄です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました