不満があれば、誰でも公に口に出していいものではない

コラム

今回の吉本興業問題、先に会見した宮迫さんと田村亮さん、その後日をまたいで吉本の岡本社長が会見しました。

各々色々な気持ちが出てきたところで、その気持ちを簡単に世の中に出せる社会ですが、これが須らく正解かというと、不正解だと思います。

会社の中で、

「あの上司気にくわねぇ」「社長へなちょこらしいよ」などと、同僚と話していることとは訳が違います。SNSは誰が見ているのかわからない、公の場です。ここで、自分の所属しているマネジメント会社の社長を、専属契約を受けている芸人さんが世の中に向かって呟くのはどうかと思う。

落胆するのは自由、嫌なら居なくなればいい。

でもすぐに腰は上がらない。なぜ?お金がもらえるから、吉本やめたら仕事がなくなるから、吉本におんぶに抱っこだから。

こういう人たちは文句を言う権利もない。守られることが当たり前で、自分たちが殻を破り一人で生きていくんだと言う気概がない。そんなヒヨッコが、社長がダメだ、隠してる、歯切れが悪い、意味ないなどの罵声を浴びせるのは良くない。

唯一、正しくことを運んでいるのは、加藤浩次さん。

しっかりと会社の問題点を伝えて、これが変わらなければ辞めると言及してきました。ここまで腹くくっていれば、結果辞めるとしても、かっこいいし加藤浩次は一人でも生きていけるなと思う。

社会のイロハも分からず、知ったかぶりでツイートしている人の多いこと。そして自分のとこの社長をここまでこけおどして、まだその会社に居続ける感覚は理解できない。

嫌なら辞める、ご飯食べるなら文句言わずに働く、この基本を忘れてはいけない。誰もかれもが社長を批評するけど、中の人たちは社長を批評しないほうがいい。もしするなら、加藤浩次さんのように真っ直ぐにするべき。

加藤さんなら他の事務所でも大丈夫だし、個人事務所長でもいいでしょう。

昔のようにジャニーズも吉本も離れていった芸人をテレビ界から抹殺という訳にはいかない。先日公取も入って、独禁法違反の恐れがあると、警告が出た。

言い切るなら辞めるし、自己責任で生きて聞く、それが芸、できないなら不満でも吉本でマネジメントしてもらって働くしかない。

吉本の対応は擁護できるものではないが、大組織を変えるには刺し違える覚悟がないと無理。世の中のサラリーマンも、不満はありながらも、自分の会社を名指しで公に非難する人はいないのです。

加藤浩次さん、応援していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました