モバイルキーボードでライティングできるか Bookey Stickを使用してみました【製品レビュー】

コラム

ブログの記事を執筆したり、フリーライターとしてライティングの仕事をするときには、愛用の11.6型のノートPCを使用しているのですが、デスクを準備したり、PCを立ち上げたりと、ちょっとした手間がかかります。簡単にアプリが立ち上がるスマホで仕事ができればいいなと思い、モバイルキーボードを購入してみました。果たしてスマホをPCの代わりにライティングの機械として使用できるのか、使用感をレビューしていきます。

スポンサーリンク

持ち運べる折り畳み式Bluetoothキーボード Bookey Stick

今回購入したのが、JTT OnlineのBookey Stickです。家電量販店に行き、様々な実物を見てきた中で、横二つ折り、三つ折り、縦二つ折りのキーボードを試打してきましたが、横二つ折りのものだけは、折り目の中央に必ず空間ができてしまうのと、折り目がクセづいて、キーボードの端が浮きやすくなっていたので、検討から外しました。

三つ折りのものは安定感があり良かったのですが、ギミックが複雑で故障しやすそうなのと、薄くはなるものの、折りたたんだ際の面積が大きくなり、スマホを2台持っている感じになってしまい、持ち運びに難ありと感じパスします。

最終的に残ったのがこちらです。

シルバーの筐体が高級感があります。折りたたんだ時の大きさは、新書の書籍の三分の一程度の大きさです。厚さも新書一冊分といったところでしょうか。

 

開いたところはこんな感じ。折りたたみ式にしては、折れ線も気にならず、キーボード全体が小さくなっただけという印象です。数字のキーがファンクションキーと同じになっており、さらに通常のキーボードのファンクションキーのように、小さくなっているので、かなり打ちにくさがあります。

また、エンターキーも小型化されているため、初めのうちは誤ってシフトキーを押したり、【】のキーを押してしまったりと、慣れるまでは大変です。

電源スイッチは、ボディ右側にツマミ式でON・OFFを切り替えます。隣にある穴がマイクロUSBのBタイプで充電できる、充電ポートです。

上部のプラスチックを動かすことで、スマホやタブレットを立てかけるホルダーになります。開く角度により、スマホの角度を調整できるので、便利です。スマホを立てかけることで、キーボード自体の安定感にもつながります。

キーボードの左側です。OSはiOS、Windows、androidと対応していて、ファンクションキーで切り替え可能です。Windows用のショートカット、iOS用のショートカットも使用でき、機能としては文句はありません。

キーボードの左側です。スクロールのための矢印キーの大きさを小さくして、もっとエンターキーを大きくしてほしかったですね。3台まで機器登録ができるので、電源を入れて、切り替えを行うとスムーズにつながってくれます。

スヌードのような手触りの専用袋付きです。

小さくなったキーボード 打ちやすさと作業効率は?

では、実際の使用感を見ていきましょう。キーボードの打感は、浅くも無く深くもなく丁度いい印象です。普段使っているASUSのE200HAよりは、押した感触が柔らかく、反力を感じにくいため、ダブルタッチになってしまうことも多くありました。

普段11.6型のノートPCなので、それほど広いキーピッチではないのですが、これが打ちやすい私、手もそれほど大きくないので、Bookey Stickも問題ないかと思っていたのですが、さすがに大きさが三分の二程度になっているのは小さすぎるようで、ブラインドタッチはやりにくい印象です。特に数字キーの小ささと、エンターキーの小ささ、さらにWindowsのPCよりもZXCVBNMの列が右にあるように感じるので、ホームポジションから下段に降りた時のミスタイプが多くなります。BとNが特に打ちにくく感じました。「ん」と打った時に「んん」となってしまうのも問題点です。

ある程度慣れてくると、かな文字のタイプは問題なくなってきますが、変換とエンターは神経を使います。タイピングスピードは3割程度落ち込みました。機器のスペックを打ち込んだりするような数字を使用する機会が増えれば増えるほど、効率はさらに落ち込んでいくでしょう。

あまり長い文章を打ち込むには向いていないことがわかりました。ツイッターやメールの返信、500~1000文字程度のラインであれば、我慢して使用しようかなと思いますが、それ以上になると、窮屈とミスタイプの多さ、ミス表示に嫌気がさしてきます。使いなれたPCの方が作業効率は高くなります。

接続に関しての問題はないので、狭い場所でのちょっとした作業や、PCを立ち上げる時間がもったいないという時には味方になりますが、使用できて30分が限界です。疲労感は通常の2倍になります。

効率を求めるものではなく、あったら便利な相棒的存在

モバイルキーボード全般に言えると思いますが、スマホをPCの代わりに使用してライティングの仕事をするのはほとんど無理です。軽作業に限れば、使用する価値はあります。

愛用しているiPhone8 Plusを横にして立てかけるとさながらモバイルPCのような風貌になりますし、メールや1000文字程度のワードプレス記事であれば、積極的に使用したいものではあります。カフェの小さなテーブルでも作業できますし、膝の上に置いてのタイピングも可能なサイズなので、エマージェンシーの相棒としては十分な使用感でした。

ただし、作業効率は落ちるので、PCの立ち上げ時間や、準備時間を考えると、モバイルキーボードの使用時間は15分程度で終わる作業が効率化の目安かと思います。

また、Bookey Stickほどの大きさであれば、メイン画面として使うのはiPhoneのPlus程度の大きさがちょうどいいです。iPadのようなタブレットであれば、もう少し大きめのモバイルキーボードにしたほうが、作業しやすさも上がりますし、見栄えもいいでしょう。

まとめ

金額的には3000円程度からラインナップが多くなるモバイルキーボード、本格的なライティングの仕事をするには、物足りないものですが、ちょっとしたタイピングには効果ありです。少々窮屈になりますが、スマホのフリック操作よりは、早く文字を打ち込むことができます。カバンの中に忍ばせておくと、仕事の助けをしてくれる存在になります。


コメント

タイトルとURLをコピーしました