卓球シューズを考える

卓球

みなさん、卓球するときはどんなシューズを履いていますか?卓球メーカーのシューズを履く人が大半だと思いますが、最近ではバドミントンシューズやバレーボールシューズを履くトッププロも出てきています。今回は各々のシューズのいいところ、悪いところをピックアップしながら、より自分の環境にあったシューズ選びを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポーツに応じて機能が違う

今から2年前まで、私も卓球シューズしか履いたことがありませんでした。屋内スポーツでは卓球しかしないからです。普段は外履き用にバスケットボールシューズを履くことが多く、屋外スポーツではテニスシューズも履きます。どちらもナイキのシューズですが、卓球シューズに比べ、非常にクッション性が良いです。

私は膝に古傷を抱えています。高校時代に左膝を負傷しており、現在も左膝にはサポーターを巻いてプレーしています。私にとってシューズ選びで一番重要なのは、クッション性です。

歴代履いてきたシューズを紹介します。すべてミズノです。

ウエーブドライブです。真っ赤なデザインが好きで長く履いていました。この靴を合わせて2足履きつぶしました。軽量かつ底が薄くて素足感覚を売りにしているシューズです。

ウエーブメダルです。底がぶ厚めで、幅も広くゆったり履ける靴です。卓球シューズの中ではクッション性高めです。

バドミントンシューズのウエーブファングです。同サイズでも卓球シューズより小さく感じます。さすが飛んだり跳ねたりのスポーツですので、クッション性は抜群、グリップもそこそこです。かかと部分が非常に分厚く、地面を掴む感覚は薄くなります。

バレーボールシューズのロイヤルフェニックスです。現在はこれを履いています。バレーボールでもセッター・リベロ用のシューズで、あまりゴツくないです。

インソール選びも大切

ここまで、写真の残る歴代シューズを挙げてきました。シューズを売っているまま履いていたのは、ウエーブメダルだけです。その他のシューズは全てヨネックスのウェーブインソールという中敷きを敷いています。これは高校時代に膝を故障した時に当時の体育教師(ソフトテニス部顧問)が勧めてくれたインソールです。衝撃吸収力に優れており、靴の中で足が動くことも抑制してくれます。

どの機能をとるのかを明確するべき

シューズ選びの肝になる項目を自分なりに数値化し、評価していきたいと思います。

グリップ力
ロイヤルフェニックス>ウェーブドライブ>ウェーブメダル=ウェーブファング
地面を捉える力は、卓球のフットワークの中で重要な機能です。一番グリップするのはバレーボールシューズのロイヤルフェニックスでした。ソールの素材が他の3足と異なり、より柔らかいモノを使っているからでしょう。

ソール部分の写真を乗せてみました。左上ドライブ、右上メダル、左下ファング、右下ロイヤルフェニックスです。卓球シューズの方かなり減っていてごめんなさい。
卓球シューズのほうが全体的に同じ模様が入っているのに対し、バドミントンやバレーボールは親指の付け根が当たる部分に円形の模様を入れて、バドミントンは大きめに区切り、バレーボールは細かく区切っているのがわかります。横方向の動きが大きい卓球に比べ、前後左右と均等に動く必要のあるバドミントンやバレーボールに合わせたソールデザインです。特にバドミントンは後ろに下がる際にかかとを使うので、かかと部分のクッション性はずば抜けて高いです。

 

重量(履いた感じが軽いものから)
ロイヤルフェニックス>ウエーブドライブ>ウエーブメダル>ウエーブファング
疲労感につながる軽さですが、これもずば抜けてロイヤルフェニックスの勝ちです。シューズのアウター部分にメッシュ素材を多く採用し、全体的な重量の減量につなげています。それぞれの重心の位置も異なり、ロイヤルフェニックスは中央部分、ドライブとメダルは前部分、ファングは後ろ部分に重心が寄ります。

 

クッション性(衝撃吸収力に優れたものから)
ウエーブファング>ロイヤルフェニックス>ウエーブメダル>ウエーブドライブ
ここではバドミントンシューズがさすがの機能性です。とにかく膝には優しかった。飛んでも跳ねても踏み込んでも足裏に響くことはなく、足腰の痛みが出ることは一番少なかったです。不思議だったのはロイヤルフェニックス。セッターやリベロでもジャンプすることはあるので、ある程度の衝撃吸収力は備えているのでしょう。

卓球シューズに限って選ぶ必要はない

実際にはスポーツ用品店で試し履きしながらシューズは選びたいですが、卓球をするのにあたり、卓球シューズ以外のシューズもありだなと思いました。最近では平野美宇選手がバドミントンシューズを履いていたり、インターハイでバレーボールシューズを見ることもありました。トップ選手の中でも他競技のシューズに目が向いているようです。

例えばカットマンや、オールラウンドに広く動き回る選手には、前後の動きも重要になるのでバドミントンシューズがいいでしょう。前陣でプレーする際にも縦方向への踏み出しが強くなるので、ボールの勢いが増します。積極的に足を動かし、体に優しいシューズです。

軽さとグリップ力ではバレーボールシューズのセッター用、クッション性をとるならアタッカー用を選ぶといいでしょう。大きめに作られているシューズが多く、ポディション別に細かくシューズが区分されています。卓球シューズではカバーしていないような需要を満たす可能性があるので、今のシューズに不満がでてきたら、バレーボールシューズを漁って見るのも手です。種類が多く、きっとフィットするものが見つかると思います。

バドミントンシューズとバレーボールシューズを見ていたときに、卓球シューズと比べて種類が多いなと感じます。細かく選べるのは利点です。また、バレーボールシューズに至っては、おつとめ品的な特価品が多く出回っているのも魅力です。定価は卓球シューズと同じなのに、小売価格が抑えられているものが多いです。お財布にも優しいですね。

現在のところはバレーボールシューズがお気に入りなので、しばらく使ってみます。みなさんも卓球をするのに卓球シューズではなく、屋内競技であれば選択の幅に入ります。バドミントンやバレーボール、フットサルなどいろいろな競技のシューズも見て、自分にあったお気に入りの一足を見つけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました