卓球コラム

ラバー

ラージボールに硬式用表ソフトを使うとどうなる?スペクトルで実験してみた 【卓球用具レビュー】

ラージボールは、44mmのボールを打ち合う卓球です。硬式(40㎜ボール)とは違い、軽くて大きなボールは、打ち合うボールのスピードを落とし、回転を少なくすることで、よりラリーが続きやすい卓球として、レクリエーション要素を大きくしたものとして誕...
卓球

TSPがVICTASブランドへ統合 スペクトル残留は一つだけ? 【卓球用具ニュース】

12/4 ブランド移行の情報が出てきました。価格やラインナップなどを追記しています。 ヤマト卓球 この社名を聞いて、「あー、TSPのことね」となるのは30代以上の卓球プレーヤーだと思います。 2017年9月にヤマト卓球は株式会社VICT...
卓球

ヒモが指導者と選手を繋ぐ? ヒモトレDVDの感想 【WRM DVDレビュー】

WRM(ワールドラバーマーケット)さんがYouTubeでも紹介している「ヒモトレ」 私自身は昨年、「ヒモトレ」というものを知り、ヒモトレの生みの親でもある小関勲先生の著書を3冊ほど読ませていただきました。 (fu...
卓球

正直な飛び方をするラージボールは、感覚を鍛えるのに有効な方法 【卓球オプティマイザー】

硬式用ラケットを、両面表ソフトにした赤井福です。一昔前だと、ジョニーファンが有名どころでしたが、現在ではほとんど見なくなった形ですね。フォア表ソフトとして頑張ってきましたが、単純にフォアもバックも同じようにしてしまえばいいかと思い、両面に表...
卓球

Xiaさんお疲れ様、そしてありがとう。【赤井福の独り言】

昨日の、YouTube「WRM-TV」 こちらで発表されたのが、Xiaさんこと下川裕平さんのWRM退社です。 実業団選手として現役時代を過ごし、WRMでは「誰も教えてくれないシリーズ」、「卓球の教え方の教科書」「3S理論」「身体...
卓球

得意な技術ってなんですか? 守備系技術が出てこない謎 【卓球コラム】

卓球のコーチングをしながら、ふと思うことがありました。生徒さんに「得意な技術ってなんですか?」とか、「何をするのは自信ありますか?」と聞くと、大体が攻撃系の技術を口にします。 例えば「フォアドライブ」「バックドライブ」「スマッシュ」「チキ...
卓球

怪我や故障による変化を、卓球はしっかりと受け止めてくれる 【卓球コラム】

ツイッターアカウントで、少し発信しましたが、筆者の体に不調がやってきました。 これを使う時が来た。 というか、形を変えなければならなくなった。 とは言っても卓球はできる。 道が一つではないところが卓球のいいところ。 簡単に言うと、故障した...
卓球

AXFが伸びてきた 元に戻す方法はあるのか検証 【卓球用具コラム】

体のバランスを整えるAXFは、様々なスポーツのトッププロにも愛用されており、話題のスポーツアクセサリーです。私も使い続けて1年以上が経過しています。その効果は実感しており、入浴中以外は常に装着している状態です。長く使っていると気になるのが、...
卓球

シェークのフォアハンド引きすぎ問題が、ペンホルダーで解決できました。【卓球オプティマイズ理論】

今回は、シェークハンドのフォアについて考えていこうと思います。私が右足前打法やフォア1枚ラバー、その他もろもろやりすぎたせいなのか、最近フォアハンドの精度が落ち、確実に技術が落ちているという悩みに直面していました。フォア表ソフトの戦型を取る...
卓球

コロナから新しい生活様式へ 卓球を再開する準備はできていますか? 【卓球コラム】

緊急事態宣言も広い地域で解除され、外出自粛要請や休業要請も少なくなっている中で、新しい生活様式を厚生労働省が提唱し、コロナと付き合いながらの生活の再開が見えてきました。卓球場や地域の公民館や体育館などの利用も始まってきている地域もあるでしょ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました