TSP ウォルナットウッド レビュー

卓球

異質ラバー使用者のラケットによく使われているウォルナット(クルミの木)の名を冠したラケット、TSPのウォルナットウッドを使用してみました。異質攻撃ラケットとして、同じウォルナットを使用した「剛力」との違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

外観はウォルナットだが

まずは、ラケット外観から

ピンクの指し色の目立つ、可愛らしいデザインです。

表面はウォルナットの特徴である、黒っぽく綺麗な木目です。

側面から見ると

中芯の厚い5枚合板です。中側の3枚に関しては青とピンクの着色がしてあります。芯材はウォルナットの木目ではなく、洋材のような感じです

オールウォルナットの剛力とは全く異なります。

ウォルナットウッドのラケット厚は6mm、大きさは157×151mmとなっており、重量は80gが平均値です。

表材の材質が同じだけで、剛力とは全く違うコンセプトのラケットになります。

 

純木材っぽくないラケット

ウォルナットウッドに、アタック8スーパーアイバージョンM粒(中)とスピンアート(厚)を貼って試打していきます。

総重量は153.3gとなりました。異質ラケットの問題点であるラケット重量の軽さが際立ちます。

まずはスピンアートでフォア打ちです。

ラバーの硬さもありますが、全体的に硬質な打感です。芯材まで打球感が響く感じは少なく、硬いウォルナットの表材で、ボールをはじき出してしまう感じです。カーボンなどの特殊素材ラケットよりは、手に響く感じがありますが、TSPの謳う「手に伝わる打球感の心地良さと適度な弾みで、非常にコントロールがしやすく安心して使える」という感じとは少し違うのかなと感じました。

純木材ラケットの場合、しっかりとボールの勢いを受け止めきって弾き返す感覚がありますが、ウォルナットウッドの場合は、掴みきる前にボールが飛び出してしまう印象です。ボールを叩く分には気持ちが良いですが、回転をかけたり、ブロックのように勢いを止めるという場合には、飛び出しの方が早くなりすぎて、自分の意図と反してボールに勢いが付いてしまいます。

ボールタッチを短くしてパンパンと打っていくのには適していますが、安定したボールの軌道を作っていくのは難しくなります。食い込みを大きくするためにスイングスピードを上げていくと、一定以上の力で打った時に、表材が悲鳴を上げて、力を受け止めきれなくなり、ラケットが食い込むことを止めてしまってボールが落ちてしまいます。

表ソフトのアタック8で打った時には、ナックルは出やすいものの、こちらも飛び出しが早すぎて安定感に欠けます。バックでブロックをしているうちはいいのですが、いざ攻撃しに行くと、ボールを離してしまうのが早くなり、ネットミスが多くなりました。粒高でブロックし続けるというかたちであればいいでしょうが、ラケットの軽さが気になります。バックを表ソフトで振りにいく形であれば、もっと柔らかいラバーの方が打ちやすくなるでしょう。

異質ラケットというよりは正統派ドライブラケット

前陣攻守のようなブロックと攻撃を組み合わせていくというよりも、前陣ドライブ型に合うようなラケットです。柔らかめの裏ソフトを貼って、ピッチで攻めていく形か、表材のウォルナットの硬さを生かすため、重めの硬いラバーを貼って、前陣からの一発強ドライブは打ちやすいラケットになります。

ラケット重量がウォルナット使用にしては軽いため、女子選手の前陣速攻や、男子でも非力なプレーヤーであれば、硬さと弾みの良さが良い方向に向くと思います。逆に女子選手でも粒高使用の前陣攻守や、男子の中でも力のあるプレーヤーには、ラケットの重さがなく、しっかりとしたボールを打ちにくくなるのでお勧めはできません。

純木材ラケットの5枚合板が柔らかすぎて使いにくいといったユーザーや、クリッパーウッドや丹羽孝希Woodのように7枚合板で弾みすぎるといった悩みを持つユーザーには、はまってくれるかもしれません。ただし、合板材質が中芯と表材で異なるので、打感としては特殊素材に近いです。

まとめ

ウォルナット使用ということで、剛力のようなイメージを持ってしまいましたが、全くコンセプトの違うラケットでした。本当に5枚合板かと見間違うような弾みの良さと硬さがあり、使ったラケットの中ではCRのような、カーボンパウダーを混ぜた7枚合板に近いラケットです。自分の腕っぷしで回転やスピードを生み出す選手には向かず、ある程度軽く当てられて、ラケットに任せて打球できる人に向いています。攻撃用ラケットとしては板厚薄めのため、しならせて回転をかけられる容量は大きいですが、異質速攻型の自分の目線で見ると、もう少し硬さを抑えるか、しなりを抑えるかをしないと、ボールをコントロールする前に飛び出して行ってしまいます。女子攻撃選手の使用がメインとなり、ラバーも裏ソフトでの使用が主になるでしょう。軽さが武器になるラケットなので、非力で初速が出せないプレーヤーが持つと、ピッチの速さで打ち抜ける確率が上がりそうです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました