不妊治療

妊婦検診で希望が絶望に変わる

晴れて妊娠することができ、選んだ総合病院での初めての妊婦健診。母子手帳も発行してもらい、私も付き添って行きました。 初めての妊婦検診と、つわりの日々 総合病院の産婦人科は、本当に様々な人がいます。妊婦さんから婦人病の方まで様々です。 ...
不妊治療

2回目の移植、ついに

前回1回目の受精卵移植を行い、あえなく着床しなかった私達ですが、間髪入れずに2回めに挑戦しました。準備は3月中旬から始まり、妻の投薬の日々が続きました。4月の上旬に移植手術を行います。 胚にはグレードがあるが、あまり気にしないほうがいい ...
不妊治療

顕微授精からの、受精卵移植

さて、前回TESEを行い、精子を無事に採取できたわけで、やっとスタートラインに立ったのですが、ここから大変だったのは妻の方です。 採卵から顕微授精、そして 私のTESEの3ヶ月前に、採卵手術を終えていた妻。採卵自体もかなり辛かったようで...
卓球

ニッタク 剛力 使用レビュー

卓球投稿第一弾は、Nittakuの最高級ラケット「剛力」のレビューです。 Nittakuのなかでは特注ラケット(限定受注生産品)に指定され、価格はなんと33,000円(税別) ここまで高いラケットは卓球初めて20年超、使ったこと...
不妊治療

ついにきた MD‐TESE(顕微鏡下精巣内精子採取術)

精索静脈瘤手術から3ヶ月後、ついに精巣から直接精子を取り出す手術(TESE)をする日が決まりました。採取は手術を行った左精巣から行います。精索静脈瘤手術を行ったので、何もしていない右側よりも、精子がある確率が高いという判断の元でした。 T...
不妊治療

精索静脈瘤手術へ

さて、前回、男性不妊が発覚し、検査の末、精索静脈瘤が見つかりました。医師の診察では左右両方に静脈瘤がありますが、重度の左側に対して処置をすることにしました。手術方法は低位結紮術(顕微手術)です。 精索静脈瘤低位結紮術 この方法は足の付根...
不妊治療

いろんな検査をしました そして精索静脈瘤へ

さて、前回「精子ゼロ」を宣告された私。無精子症といっても症状は様々です。 無精子症と言えど精子がゼロが確定ではない 無精子症を大きく分けると2つあります ①精子は作られているが何らかの理由で体外に出てこない ②もともと精子を...
不妊治療

不妊治療 病院の選び方から男性不妊に至るまで

私達夫婦は、入籍して3年になります。結婚を決めてからは、もう4年近くです。二人とも子供が好きで、特に私の子供好きを妻は喜んでくれて、早い段階から妊娠を望んでいました。基礎体温を計り、排卵検査薬を使い、幾度も幾度もトライしましたが、なかな授か...
コラム

ここはどんなところ

みなさん、はじめまして、赤井福と申します。 30代の既婚男性です。 現在は、妻と二人暮らしです。 このブログでは、私が体験してきたこと、好きなこと、皆さんに知ってほしいあまり知られていない分野についてなど、知識の共有や、モ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました