オールラウンドエボリューション CR WRB レビュー

卓球

ちょっと珍しいラケットを手に入れました。

こちら

みた感じはクリッパーCR WRBなんですが、グリップの付け根のところには、オールラウンドエボリューションの文字が。

これはスティガの特注ラケットで、5枚合板ラケットの定番、初心者から上級者まで使える、あのオルエボにCRシステムを搭載し、WRBまで詰め込んだラケットです。

スティガのCRシステムは、紫外線と特殊ニスによって、ラケットの弾みをあげるシステムです。WRBは、グリップの内部を空洞化し、軽量化と振り抜きの良さを高める構造になります。

つまり、オルエボより少し弾んで、軽量化され振り抜きの良くなったラケット。クリッパーウッドまで弾まなくてもいいし、でもオルエボでは弾まなすぎて、、、。そんな方にぴったりなラケットです。

時々スティガは、こういう従来の製品に新技術を抱き合わせた、特注ラケットを作ります。

長年、ヤサカマークのついたクリッパーウッドWRBを使っていた私としては、興味をそそられるラケットです。普通のクリッパーCRも使ったことがあるので、そちらも踏まえてレビューしていきます。

使用環境

ニッタク ビュートリー 厚さ中 ファスタークG1 厚

表ソフトも試してみたかったので、このような異質の状態にしました。

スティガラケットの愛用者にはシェーク異質も多く、不思議とスティガの木材って表系のラバーに合うんですよね。

まずはフォア打ち

オルエボの持つしなやかさ、柔らかさは残したまま、気持ち弾むかなという程度です。ただし、WRBシステムのおかげで、打球感が手のひらに響いてくることは少ないですね。ラケット合板の内部の柔らかさはそのままなので、ボールのつかみはいいです。

表ソフトで打つときには、CRシステムの使われているスイートよりも少し先のほうで打球すると、硬めの打球感が得られて、ナックルボールが増えます。スイートよりグリップ側にボールを当てると、いつものオルエボの柔らかさです。

異質用ラケットとしては悪くはないですが、もう少し表板に硬さがあった方が、球離れの面でも、ナックルの出やすさの面でもプラスに働くのかなと思います。

裏ソフトでは、単純にボールが速くなる、ラケット自体が先端よりの重心になり、遠心力を使いやすくなるので、ドライブの威力が上がります。

威力的な部分から考えるとCRシステムよりもCCシステムのほうが、より弾みも硬さも大きくなるので、オルエボくらい柔らかいラケットであれば、CCのようにカーボンパウダー搭載でも面白いかもしれませんね。

プラボールになり、ボールのスピード、回転量が落ちて、用具の変更に並んでいる5枚合板ユーザーの方、特に裏ソフトとの相性は抜群です。

裏ソフトの場合、7枚合板まで行ってしまうと硬すぎて、特殊素材も好きじゃないという方が結構多いので、そんな方には、パワーアップ版オルエボを是非使ってみてください。

市販化はされていましたが、数量限定なので、一般のショップでは取り扱いはないでしょう。オークションや、アマゾンなどのネットショップで少量ですが販売しています。

表ユーザーには、こちらではなく、正統派クリッパーウッドの方をお勧めします。やはり表ソフトには5枚より7枚合板です。

ロングセラーのオルエボにこのような仕様があるとは初めて知りました。今後もレアラケットを見つけたら、手に入れていきたいと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました