粒高ユーザーは本当に大変 様々な打ち方を覚える必要がある 粒高ラバーの世界

卓球

体の故障により、シェークバック粒を始めた私ですが、粒高ラバーの大変さに四苦八苦する日々です。ペン粒でもシェークバック粒でもそうですが、止め専の粒となると、どうしても相手のレベルが上がるにつれて限界がやってくることがわかりました。この場合、裏ソフトよりも多大な打法を覚え、シーンによって使い分ける必要性があるわけです。今回は、粒高ユーザーにとっての、最も大変な問題、打法について考えていきます。

スポンサーリンク

裏ソフトや表ソフトのように単純に終わらない粒高の世界

裏ソフトラバーや表ソフトラバーを使う中で、重要になる打法は、ドライブ、ツッツキ、ブロックが基本になり、回転によって打法を変える必要はありますが、回転を上書きすることによって、返球はどうにかなってしまうわけです。つまり回転を強くかけることができるラバーは、それだけで打法が少なく済み、とりあえずドライブ、とりあえずカットということで、しのげますし、攻撃も出来ていきます。

したがって、その打ち方の精度を高めて、威力を上げていく練習をしていけばいいのですが、粒高の場合は少し毛並みが違います。

回転によって打法を変える必要性は同じですが、その種類がとてつもなく多いわけです。

相手の回転を無効化、もしくは相手の回転を利用してのボールであれば単調で済みますが、これでは、相手のボール次第で自分の打ち出すボールの質が変わっていきます。強い回転をかけてくれるならいいのですが、ナックルドライブやナックルサーブなどを多用された場合に、粒高特有の変化がつけにくくなり、終始相手のペースでラリーが進む形になるので、戦い方が苦しくなります。

そもそも、粒高の変化になれておらずナチュラルな変化で苦しむ程度の相手だと、サーブの変化!ツブ!ど~んで終わりなのですが、このレベルはビギナーから中高生の粒慣れしていないレベルまでです。ガッチリ粒を知っている層には、全く歯が立たなくなります。

そこで必要になるのが、ドライブを止める、下回転をプッシュする以外の粒の使い方になります。

上回転を上回転に、下回転を下回転に

粒高ラバーの性能の中で、「ボール回転を反転する」というのが大きな要素ですが、これは、ボールの回転をそのまま残しているという風にも言い換えられます。

相手にとって反転する、つまり上回転で送ったボールが下回転になって返ってくるという状態ですが、この時ボールの視点で行くと、回転は変わっていません。逆にボールの側から見たら、回転が反転しているのは裏ソフトラバーで打った時です。

粒高の場合、この回転を残すという性能を逆に使われてしまうと、自分のプレーが苦しくなります。ドライブを打っておけば、ずっと下回転しか来ない、下回転を送れば上回転になって返ってくるということが分かり切っていると、それを狙われてしまうためです。まぁ、一定レベル以上での話ですが。

そこで必要になってくるのが、粒高ラバーでも「自分から回転をかける」という技術です。

どんなボールが来ても下回転を送る、上回転を送るということができてくると、粒高ラバーの可能性が広がっていきます。

相手はドライブを打って、下回転を待っているところに、ハーフボレーで上回転を送れる。相手がツッツキをしたボールで、相手はプッシュを待っている、つまり上回転を狙っているときに、下回転のストップやツッツキを出すことができればいいということです。

粒を同じ方向に倒して切るということは、難しい技術ですが、粒高でも行うことは可能です。粒高でドライブを打つこともできます。

このように、ブロック、プッシュ、ドライブ、ツッツキ、流し、ナックルボールなどを多彩に様々な打法で打ち分けることができれば、粒になれた相手でも、幻惑させながら戦うことが可能です。

最近の粒は攻撃する

近年、ボールのプラスチック化や40㎜化で、粒高の戦い方も変わってきました。ひところのブロックだけを極め続け、時にプッシュで攻撃するのではなく、常に表ソフトのバックハンドのようにハーフボレースイングをしながら打ちこんでいく粒の選手が増えているように感じます。

全日本ジュニアを制した出澤選手も、打っていく粒高の一人です。

止める技術は持ち合わせながらも、しっかりと攻撃をしていく中に、守備の技術が合わさって、相手のタイミングをずらすことができています。野球で行くとしっかりとしたストレートボールの中にチェンジアップが混ざるような感じです。

これから、粒高を始めていく人がいるのであれば、是非攻撃的な技術を基本ベースで覚えていくほうが良いでしょう。粒だから止めるだけというのは、今後流行はしないでしょう。変化表ソフト的な要素も踏まえながら、粒高ライフを楽しんでいくと、戦い方も広がっていくのではないでしょうか。



 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました