神ラバーと言われるエボリューションMX-D 一か月使ってみた結果【卓球ラバーレビュー】

ラバー

販売開始から一か月が経過したTIBHAR(ティバー)の最新ラバー、エボリューションMX-D。各所で話題になっており、神ラバーと称える声も多数聞こえてきます。

筆者もいち早くMX-Dを使い始め、その性能の高さに満足している一人です。

今回は、使用し始めて1か月、エボリューションMX-Dの劣化度合いや、打球感の変化などに着目しながら、初期レビューでは分からなかったことをまとめていきます。

エボリューションMX-D ラバーの詳細レビューは↓
スポンジ硬度は気にしない!エボリューションMX-Dは硬さが武器になるラバー【卓球ラバーレビュー】

 

スポンサーリンク

寿命は長そうなMX-D

1ヵ月が経過した、ラバーの表面写真です。
新品時にあった、ラバーの光沢感は少しずつ減ってきています。漆黒というよりも、少し白みのある黒に変わってきましたね。筆者が1週間で使用しているのは、個人の練習で1時間、コーチング時に4時間の合計5時間です。約4週間使用していますので、合計使用時間は20時間前後と言ったところでしょう。

ラバーの劣化は、ゴムの硬質化でも知ることができます。新品時に測定したMX-Dのラバー全体硬度は50.0HCでした。20時間使用後の全体硬度は50.5HCです。ほとんど硬化は見られません。

保管状況は、ラバークリーナー無し、ラバーフィルムの貼り付け無しで、使用後に軽く息をかけて表面の埃を拭き取り、ラケットケースにしまっただけとなります。特段のケアはしていません。

見た目でも硬度計の数値でも、大きな劣化は見られないMX-D、寿命も長そうなラバーですね。

 

打感の大幅な変化も少ない

バック面に使用しているMX-D、打球回数はフォアよりも多いです。筆者自身は回り込みは多用せず、バックハンドを大目に使って戦う戦型ですし、コーチング時には、バック面で生徒へボールを送る(ブロックしたりする)ので、使用している20時間、しっかり打球されている状況になります。

回転量やスピードに関しては、新品時と現在では、大きな変化は見られません。ラバーの癖が分かっているのもあるとは思いますが、回転量は増している感じを受けます。

ミート時には、新品状態では収まりが良かったのに対し、現在は少しボールが飛びすぎる印象を受けました。自然にかかっていた回転量は、少しずつ減ってきているのかもしれません。

カチンという打球音にも変化はなく、ラクザXで感じた、ゴムがヘタってきているけど、ノンスリップシートが頑張ってるなという感じではなく、まだまだ現役で行けますよと、トップシートは元気なままです。

回転を敏感に感じていた新品時よりも、現在の方が少し鈍感さが出てきて、台上レシーブや対下回転に対するドライブなども持ち上がりやすくなっています。

 

前陣でコンパクトに振る現代卓球にピッタリ

ラクザXからGEAR HYPER、そして今のエボリューションMX-Dへとバック面を変えてきました。結果として、今のMX-Dが一番しっくりと来ているラバーです。

厚さは1.9を使用しています。しっかりとバックドライブを振れた時には、伸びる回転量の多いボールが行きますし、チョリがけでもボールが落ちる(チップする)ようなこともありません。バックドライブの成功確率は、格段に上がりました。

また、武器にしていたバックのミート打ちも、適度な球持ちと、硬めのスポンジでしっかりと弾くことができるので、気持ち良く使えています。

ラクザXよりも弾道が山なりになり、ボールを入れやすくなったことと、回転をかけた時と弾いた時の、ラバーの動きが、プレーヤーにわかりやすく、なぜミスが発生したのかを上手く伝えてくれます。

安定志向で行くのであれば、回転重視で打っていけば、しっかりとボールが放物線を描いて飛んでいきますし、前陣で弾く系の技術を使うと、直線的にボールが飛び出します。2.1だと、弾く系の技術も少し持ち上がるので、真っ直ぐというよりは、若干山なりに飛んでいきます。この辺りは好みの問題ですが、個人的にはミートは直線弾道の方がイメージしやすく打ちやすいので、弾き中心で打っていく方は1.9、山を作って入れていくイメージがある方は2.1の球持ちの良さが有る方が、使いやすいのではないでしょうか。

上級層はもちろんですが、筆者のような中級層が使っても、ラバーの良さがしっかりと感じられ、自分が扱い切れないほどのハイパフォーマンスには感じないのがイイところですね。さらに上級層の強い打ち方にも対応できるので、中級者層が使用していて、ラバーの限界値を超えるということはほとんど無いでしょう。滑ったり、ラバーが負けたりという経験はほとんど無く、ラバーを使えていない自分の打ち方を反省するばかりです。

 

このまま梅雨時期まで貼り続けて、ラバーの寿命の限界も見ていきたいと思います。性能的にはディグニクスやテナジーなどにも負けないラバーですが、寿命としても長く持つようであれば、本当に神ラバーかもしれません。お値段以上の価値がエボリューションMX-Dにはありますよ。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

赤井福 Instagram始めました

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

サクッと読める卓球の技術や知識、考え方を発信しています。

ブログでは紹介していない、ココだけの情報もありますので、

是非、フォローしてみてください。

 

Twitterも更新中

https://twitter.com/akaifuku_tt

ブログの更新状況はもちろん、ちょっとしたつぶやきから

ラバーやラケット試打のリクエストも受け付けていますので

チェックしてみてくださいね。

 


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました