VICTAS V15 stiff レビュー

卓球

今回はビクタスの主力モデルになる、V15スティフをレビューしていきます。いつもの通り、ニッタク剛力に貼りました。厚さは2.0でのレビューです。シェーク フォア1枚ラバー バック裏ソフトの異質攻撃型なので、バック面での使用感がメインになります。比較はファスタークG1とV15エキストラです。

スポンサーリンク

万能かつ優等生

打った瞬間のファーストインプレッションは「弾む」という印象です。G1よりも弾みがよく、球離れも良好です。V15エキストラのような硬さはなく、G1よりは少し硬いかなくらいの印象でした。

G1はシートが柔らかくスポンジが硬い感じがしますが、15スティフはシートが硬くスポンジが柔らかいです。そのためソフトに触ってもある程度ボールを持ってくれて弾き出す感じが強く、ドライブはとてもやりやすいです。

反面、ストップやツッツキなどの台上での細かな技術には気を使います。弾み感が強くて、コントロールが難しいです。フリックやチキータのような強いスイングが伴う技術には合っています。

攻撃が前提にあるラバー

VICTASのシリーズでは常にラケットを振り込んでいく必要があるように感じます。ゴリゴリの攻撃マンにはピッタリで、ある意味無神経にドライブしても、ラバーの性能でボールは入ってしまいます。これが中途半端なスイングになった時に、ラバーの滑り感が出てしまい、ボールが途端に入らなくなる感じです。練習でも試合でも、しっかりフルスイングできる選手にはおススメです。

私のような異質攻撃型では、前陣に張り付く戦型のため、どうしてもバックドライブのスイングスペースが取れない場面が多々あります。ハーフボレーやブロックで相手を振り回すことが多いのですが、そのハーフボレーの時にボールが滑ってしまう印象です。

練習場ではいいのですが、試合会場に行った際に滑り感を多く感じました。湿度や温度の関係もあると思います。仲間の有段者も同じような滑り感を抱いていました。

とにかく攻撃に特化したラバーです。防御にはもろさがありますが、攻める卓球には最適です。動ける高校生などにはオススメしたいですね。

15エキストラよりはかなり使いやすくなった印象ですが、使いこなすためには相応のレベルが必要です。使う人は選びますが、使いこなせば頼もしいラバーであることは間違いありません。VICTASさんには、これからも中庸ではなくとんがったラバーを作って欲しいです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました