パンチ新型スーツ着用

文鳥

チクチク換羽期を超えて、精神的にも安定してきたパンチ、やっと生え変わりが終わりました。

ヒナの頃が嘘のような、ザ桜文鳥になってくれましたよ。

まだまだ甘え癖は抜けず、同時に反抗期がやってきたのか、ギュルギュル怒る怒る。指を見て怒り、ペンを見て怒り、携帯いじってるところにやってきて画面をタップすると怒り、果てにはケージの中にあるブランコに乗った後、パーチに着地した後に、動いてきたブランコの鈴に怒る始末。ブランコはかなり迷惑そうだったので、取り付け位置を少しずらしました。

この反抗期いつまで続くやら、ちょっと前までは愛らしい声をたくさん出していたのに、ちょっと可愛くない!けど、これも成長ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました