ミズノ ブースターEV レビュー

卓球

久々に正統派表ソフトを使用しましたので、レビューします。変化系表から変えると、強打がしやすく、感動します。

スポンサーリンク

スピード系表ソフトの大本命

表ソフト使いとなると、シェークバック表が全盛で、フォアハンドに表ソフトを使う、シェークフォア表やペンパチが少なくなってしまい、表ソフトの開発も、バック表の使い方を中心に作られているように感じます。コンパクトなスイングでピッチで振り回すラバーが増え、インパクトが強くなるフォア表には、強打でラバーが負けてしまうことが多く、新製品にはあまり期待をしていませんでした。

その中でたまたま手に取ったのが、ブースターEVです。

使用率としては、同じミズノの表ソフトだとブースターSAを使っている人の方が多いのではないかと思います。SAは非常に万能です。ですが、フォア表が求めるボールの速さ、強さ、ナックルを備えているのはEVの方だと感じました。久々に出会った、表ソフトらしい表ソフトです。

低めの粒の縦目で、強打が気持ちいい

スピード系表ソフトの中では、粒低めで大きめですが、無理に引っかかり感が強いラバーではなく、球離れがいいです。回転をかけようと思えばしっかりかかる、弾こうと思えば弾ける、聞き分けのいいラバーです。回転量をも求められるようになった表ソフトの中で、球離れが遅くなったり、意図せずとも回転がかかりやすくなっている表ソフトが多いですが、ブースターEVは、表ソフトの回転の掛け方を知らないと、大きな回転量を出すことはできません。逆にその方法が確立できていると、落ちるナックルスマッシュと、回転量のあるドライブを合わせて使うことができます。

スポンジは若干固めで、ノーマルスペクトルよりはがっしりした打球感です。表ソフトの割には、スポンジ硬度は高い感じを受けます。そのためラバーも重めです。特殊素材ラケットと合わせて、パチパチ振っていくのが理想的な使い方でしょうか。

回転はかけにくい分、受ける回転も少なく、タイミングさえ合えば、攻撃を仕掛け、先手を取りやすいラバー になっています。表ソフト初心者よりは、中級者以上の、縦目の表ソフトでもしっかり切れるというユーザーが使うことをお勧めします。回転系表ソフトになれた人が使うと、ボールが滑ったり、回転なしの棒球になる確率が高いです。

ある意味使い手を選び、その使い手の技量がラバーに対して足りているのか、そのことを痛感させられるラバーでした。

とんがった表ソフト

ミズノのラバー作りを見ていると、どこかとんがった性能が目立ちます。Q4、Q5などもですが、万人受けを狙わないミズノのスタンスが見えてきます。爆発的人気にはならないのですが、コアなファンが使うと、もう離れられない中毒性を持っているのがミズノラバーです。

どこかじゃじゃ馬で、プレーヤーが用具をねじ伏せにいく、こういう感覚を持った人には最高の用具です。用具任せのプレーヤーには、さらに高性能に感じるであろう、ブースターSAの方がいいです。

いわば、クルマのマニュアルミッションのようなもの。でもこの面倒さがクセになる。心に刺さった正統派表ソフトです。もっと認知されるようになってほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました